2011年01月01日

最後の更新。

2010年が終わりました。
2010年度社団法人可児青年会議所の理事長ブログは、これで最後になります。
可児青年会議所のリーダーとして過ごしたこの1年間、本当にいろいろな事に取り組み、多くの経験をすることができました。私達の活動に関わって下さったすべての皆さんに、改めて御礼申し上げます。
自分のブログを読み返すと、その時のことを鮮明に思い出します。金美齢氏の公演など、去年の前半の出来事が、ずっと昔のようにも感じられます。でも1年間はあっという間だったな、という感じもします。

12月のアクセス数は826(5,878PageView)でした。
11月は930(6,815PageView)でした。

このブログも本当にたくさんの方に読んで頂きまして、誠にありがとうございました。
先日の伊藤君がべろんべろんになってた写真も、予想外に大きな反響を頂き…あぁネットってこわいな(笑)掲載しておいてそんな言い草はないですね。伊藤君すまぬ。

さて、私のブログを巡回して下さってた皆様。
今月からは、第37代理事長となる若尾宗徳君のブログでお楽しみ下さい。
また、可児市・御嵩町地域でこのような活動をしている私たち可児青年会議所に興味を持たれた方。入会のご希望は随時受け付けていますので、ぜひお問い合わせ下さい。

では、2011年が皆さんにとって素晴らしい年になる事をお祈りし、そろそろthinkpadを閉じたいと思います。
posted by 2010年度理事長 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月30日

捨てた捨てた。

昨日が私の会社の仕事納めでした。
自分の机の掃除をしました。もう用事のなくなった書類が多数。(大半がJCガラミ)

捨てました。
非常にたくさんのコピー用紙をゴミ袋に突っ込んだので、ゴミ袋のもつトコが千切れました。

パソコンのデータで資料を配信するペーパーレス会議が増えているので昔と比べたらマシだと思いますが、部分的に紙資料でもらったりして余計まとまりが悪くなる事もあります。

うちの会社で使っている複合機には、ネットワークスキャナ機能がついています。FAXを送る要領であて先を私のパソコンの共有フォルダにしてやれば、そこにPDF形式で保存されます。これを使って、来年はevernoteでクラウド化してみようか?


…今年やればよかったですね。来年は山のような紙資料と格闘する機会も減ると思います。


思い切ってたくさん捨てて、サッパリしました。



資料のクラウド化はしませんでしたが、自分宛のメールをGmailにも読ませておいたのと、スケジュールをGoogleカレンダーで管理した事で、どちらもケータイやそのへんのパソコンからいつでも簡単に確認できるようになったのは非常に便利でした。(ブログの編集もケータイからできるようにしていましたが、私は長文になってしまうことが多いので、ケータイからの投稿は1回やって懲りました…)

いろんな事が、物理的な制約から解放され、どんどん便利になっていきますね。
posted by 2010年度理事長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月27日

第13回理事会。

12/21 19時〜 第13回理事会を開催しました。
事業報告・決算報告などが行われ、これでいよいよ2010年度もお仕舞いとなりました。
この理事メンバーで集まるのもこれで最後です。
皆で食事をし、また私から感謝の気持ちを込めて心ばかりのプレゼントをさせていただきました。

最後の懇親会今年は本当に理事メンバーの皆さんに助けられ、ここまでたどり着けたと思っています。それぞれが非常に高いパフォーマンスを発揮してくれたおかげで、価値ある一年間を送ることができました。
2011年度もそれぞれ新しい任務が決まっていますが、またそこでも活躍して頂き、ぜひ若尾理事長を盛り立てていって欲しいと思います。

皆さん本当にありがとうございました。

※先般の公開討論会についても事業報告されました。カンパを募って実行資金とする方法をとったわけですが、たくさんの方々から最終的に242,489円という金額が私達の元に寄せられました。この中から会場設営費・広報費・講師関係費などにかかった費用を支払って、20,937円が残りました。
このお金は、可児の未来を想い,私達の趣旨に賛同しカンパに協力して下さった方々の気持ちです。共催した(株)ケーブルテレビ可児・尾石課長と協議し、市政に活用して頂くのが良いだろうという結論。本日、若尾君と共に冨田市長のところへお届けに行ってきました。
posted by 2010年度理事長 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月16日

第3回可児市社会福祉協議会評議員会。

12/14 13:00〜 可児市福祉センターにて開催されました。
・理事の選任について
・監事の選任について
・平成22年度補正予算について
すべて承認されました。
補正予算は職員の退職に伴うものです。

その後、報告事項として
・平成22年度事業及び決算の中間報告について
・指定管理者制度の指名受託について
2点が報告されました。

以前にも書いた事ですが、社協の業務はそれに触れている人とそうでない人との間に理解度の大きな差ができやすい分野なのかもしれません。複雑な法律や制度の経緯、シロウトにわかりにくい言葉、そうした障壁がまずあります。報告資料の内容は「車イス貸出し〇件でした」「〜〜支援の利用は△件でした」的な、トレンドもベクトルも感じられない離散データの集合。しかも当日配布で、「ほんでナンだね。手あげりゃええのかね。」的な空気になってしまいます。

社協の皆さんも日々の業務に追われ多忙な事とは思いますが、誰が見てもよくわかる資料作りを心がけて頂ければと感じました。社協自体のバリアフリー化というか、そうした工夫と努力によって市民の理解がより深まり、更なる利用や寄付の増加につながるのではないかと思います。


吉田理事長の文章にも、そういうもどかしさ(活動報告の書きにくさ?)みたいな感情を行間に見た気がしました。考えすぎでしょうか?
posted by 2010年度理事長 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月15日

卒業式。

12/11 ウェディングチャペルレストラン・ルミエールにて、12月例会・卒業式を開催しました。

青年会議所は40歳になったら卒業しなくてはなりません。そういう決まりなのです。

渡辺直樹君本年度の卒業生は、渡辺直樹君。
2001年の入会以来、9年間の活動お疲れ様でした。
特に、先の可児市長選挙において初めての公開討論会を実現させた功績は大であり、後輩達に素晴らしい財産を残して下さったと思います。
何事も第1回目というのは大小いろいろな苦労がありますが、そこで成功していると2回目以降はハードルがぐっと下がるのです。



個人的にも、9月に私の車がイタズラされ傷つけられた時に修理をお願いしました。
車の傷を上手に修理し、なおかつ私のこころの傷まで慰めてケアしてくれる行き届いたサービスです(笑)
トータルカーケア・ラテ 0574-60-5030


細野委員長の計らいでウェディングパーティー風となった懇親会に、OB諸兄も大勢ご参集下さり、楽しいひと時を過ごすことができました。
卒業式懇親会 卒業式懇親会 卒業式懇親会

これで本年度のすべての例会が終了しました。
あとは事業報告・決算。
2010年度も終わりつつあります…



2011理事長・専務若尾理事長予定者がべろんべろんになった伊藤専務予定者を搬出撤去していますよ。
おーい、もう帰るぞー(笑)
2011年度も可児JCをよろしくお願いします。
posted by 2010年度理事長 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月04日

災害時の報道。

12/1 CTK放送番組審議会に出席しました。
前回の審議会から半年ほど経ちましたが、その間に可児地域では大きな災害が発生しました。
その際のケーブルテレビ可児の動きについて説明がありました。
製作課スタッフ4人・取締役1人が社に残り、L字放送画面に切り替えて文字ベースの情報発信をしていました。防災関係各署のホームページや、可児市役所・御嵩町役場に電話で取材してソースを得ていたということです。

災害の現場に最も近い報道機関として、最新の状況を放送できれば理想的だと思います。しかし、万が一に備える為にスタッフや機材を増やすにはコストの問題があり、難しい問題ですね。今回はスタッフ達のアドリブ的な対応で乗り切った感じがあり、CTKでは「緊急放送マニュアル」の整備に着手しているという事です。

前回の話題にでたWiMAXによる中継は、免許が交付されても地域内どこからでも中継できるようにする為にはン億円の設備費が必要になるのだそうです。頭の痛いハナシですが、最近は個人がカンタンに情報発信する手段が豊富になっています。twitterやUstreamなど、いろんな要素でCTKの放送をマッシュアップしていけば、コストを抑えつつ面白いアプローチができると思います。


また、CTKと可児JCで協力し実施した「公開討論会」も話題に上りました。
生中継・再放送もして頂き、多くの人に観てもらうことができました。生放送は幾分リスクがありますが、放送をわくわくしながら待ったという声も聴かれ、今回は良い結果につながったと思います。
posted by 2010年度理事長 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月02日

霜月雑感。

美濃加茂JC・肥田理事長と可児市長を訪問11/29 美濃加茂JCが主催したイベント『ちいき絆ねっと 食の陣2010in日本昭和村』の会場で集まった災害義援金をお届けする為、美濃加茂JC肥田理事長・各務理事長予定者・柘植君・渡辺君の可児市長訪問に同席しました。
行政が定めた区切りに囚われず、広域的な連携を提唱する肥田理事長。美濃加茂JCと可児JCの連携は既に始まっています。同じような理想に向かっていろいろな人達がバラバラに活動しているのがもったいない現状。うまくコーディネートして、全体で大きな力になるのではないだろうか?といった話をしました。

東海地区協議会その後すぐ名古屋へ向かい、東海地区協議会の会員会議所会議に出席。
決算報告が審議・承認され、2010年度の東海地区協議会も今回をもってすべて終了となりました。
役員の一人として重責を担ってきた中島君、また一年間サポートに徹してきた亀井君・小池君、ご苦労様でした。
報告事項として、一般社団法人鬼ごっこ協会の羽崎氏によるプレゼン。「スポーツ鬼ごっこ」をやっている動画を見せて頂きました。ドッジボールも楽しいですが、鬼ごっこも楽しそうですねぇ。
閉会後に名刺交換をさせて頂きました。いま東京にいる羽崎さんの家のルーツはなんと可児なのだそうです。確かに羽崎という地名がありますが、奇縁でありました。
スポーツ鬼ごっこは2012ぎふ清流国体でもデモンストレーションとして競技が行われるのだそうです。

吉田理事長と一緒に昼食をとり、その後『スタートアップTOKAI2011』に出席。
2011年度東海地区協議会も始動しました。またもやホッとする反面、ちょっと寂しい感じです。

最後の対外事業『キラリ☆友情ドッチ2010』も無事終了し、2010年・私の任期も残すところ1ヶ月となりました。
本当に月日の経つのは早いですね。

11月のアクセス数は930(6,815PageView)でした。
先月は1,052(7,063PageView)でした。

posted by 2010年度理事長 at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記